そうなんです・・!!
FM東広島パーソナリティーの高橋さんに言われて気付くという・・
そうなんです。。


ワンハート♥ニャンハート
本日の放送で、
開始半年を迎えることができました><><><☆★☆


お正月に一度お休みがありましたが、
毎週お休みせず、続けさせていただく事ができました♪♪♪
本当に、感謝でいっぱい。
みなさま、本当にありがとうございます^^//~♪

今日の放送では、広島県動物愛護センターさんでの
先週収容期限が切れていた成犬が、
譲渡に出されていたり・・!

団体譲渡や、「引き出し」の詳細をお話し出来たのも嬉しく。。
放送開始直後は、
こんな深い部分での内容は、一般のリスナーさんにはなかなか
受け入れてもらえないかも・・と、思ったことも。
でも、こうやって語れる今があるのは、
この半年があったからですよ!と、
いつも元気な高橋さんに言葉をいただき、
更に楽しくがんばろう!と思っています。


*************************

さて、今日のワンポイントアドバイスは・・・?


 犬 猫 人間 の違いを知ろう その①
 
 それぞれに必要な栄養素・・をお送りしました♪



皆同じように、
脂肪・たんぱく質・炭水化物・ミネラル・ビタミンを食事から摂取ますが、
ただ、摂取する割合に大きな差があるわけですね。

三大栄養素   炭水化物  脂肪   たんぱく質
  犬       60%    15%   25%
  猫       45%    20%   35%
  人       68%    14%   18%

犬は、長い間人間と共同生活していく中で雑食性が進み、
たん白質の必要量は人間より多いものの、
最適な三大栄養素の割合は人間と全般的によく似ています。
つまり・・・・⇒ 犬は雑食

猫は、人間と暮らし続けていても肉食性を保ち続けたため、
人間や犬に比べてたん白質が多く必要です。
また、人間や犬では、生理的に必要なタウリンや、
ビタミンAなどを体内で作ることができるのに対して、
猫では作ることができないため、
タウリンを十分に含んだフードを与える必要があります。
つまり・・・・⇒ 猫は肉食 

 タウリンが不足すると、猫では、眼の障害(網膜萎縮)や、
 心臓の疾患(拡張型心筋症)などを引き起こすことがあります。
 手作りフードを利用する場合などでは注意が必要です。
 タウリンは、魚介類や動物の内臓などに多く含まれています。

さて、人も犬も猫も、生まれてしばらくは、哺乳類なのでお乳が必要ですが・・


犬や猫の食餌が、私たち人間と異なっていることは、
乳の成分などにもあらわれています。
牛乳は、私たちにとってたん白質やミネラルを
多く含む良質な食品の一つですが、
犬や猫の乳は牛乳に比べてたん白質や脂肪の量がより多く、
乳糖などの炭水化物が少ないのが特徴です。
このため、子犬や子猫に母乳の代わりに牛乳を与えると、
ネルギー(カロリー) やたん白質が不足して、
健全に成長できない場合があります。
子犬や子猫には専用のミルクを与えてくださいね☆

牛乳・犬の乳・猫の乳の成分の割合を数字にしてみると、
牛乳の乳糖40%なのに対し、犬は15、猫は19%と少なめ。
それに対して、牛乳の脂肪が28%なのに対して、
犬は42、猫は40%と多い。
たんぱく質とミネラルに関しては、
ほぼどれも変わらないパーセンテージです。
(ミネラル%:牛乳6、犬乳10、猫乳5  
 たんぱく質:牛乳26、犬乳33、猫乳36)
(環境省HPより資料提供)

**************************
f:id:onenyanheart:20121021155602j:image:w360


★お知らせ★

6月26日 
    京子アルシャー先生、
    日本愛玩動物協会広島県支部事務局長・宮崎誠さん、
    ワンハートニャンハートにゲスト出演

6月30日 
    京子アルシャー先生の講演会
    http://www.npo-spica.com/activity/20130523.html

6月22日 
    県立賀茂高等学校・賀茂祭にて、PTA行事として
    『小さな命の写真展』の展示が行われます♥
    本館3階、 2年7組教室にて、 9時~14時半まで
    当日は私もお手伝いしていま~す