f:id:onenyanheart:20131212013904j:image:w360


f:id:onenyanheart:20131217084651j:image:w360

じゃん!!! まずはワンハート里親募集!!



ワンハートニャンハートはおかげさまで
放送を開始させていただいてから一周年を迎えました☆★☆ 
毎週水曜日午後3時♪
ティータイムのひと時を、ゆったりご一緒できるような、
そんな番組を心がけつつ、『殺処分』の現状を、
命を慈しむ方向にチェンジしていくことが出来るように、
2年目を迎えて参りますので、
皆さまどうぞ、よろしくお願いいたします♥


f:id:onenyanheart:20131214110320j:image:mediumFBに12月10日投稿の画像です♥



ワンポイントアドバイス

年末に向けて その2 ☆ウィルスによる伝染病 

寒さや乾燥により、普段よりもウイルスによる伝染病に感染しやすい季節。
年に一度のワクチン接種、忘れていませんか?

抵抗力が弱くなってくる年をとったワンちゃんや猫ちゃんにこそ、
ワクチン接種をお忘れなく! 

犬猫の年一回のワクチンにはさまざまな種類がありますが、その子が普段、
どのような環境で暮らしているのかなどを、獣医さんによく相談し、
予防接種の種類を決めていきます。

特に犬の狂犬病予防接種は、法律で接種を義務付けられています。

怖いウイルス性の伝染病の種類としては、、
 
犬・・・パルボウイルス・ジステンバー・犬伝染性気管支炎・犬レプトスピラ・
コロナウイルス・細菌性腸炎・狂犬病・・・などなど、

猫・・・
ネコウイルス性鼻気管支炎・ネコカリシウイルス感染症・ネコ伝染性腸炎・
ネコ白血病ウイルス感染症・ネコクラミジア感染症・・などなど

予防ワクチンの接種が老犬・老猫の体に負担ではないか?
と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、ワクチンの危険性より、
伝染病に感染し重篤になる方が生死に関わります。

猫は3種混合・4種混合・5種混合・7種混合、猫エイズ白血病予防などがあり、
犬は5種混合から9種混合まであります。

ところで、前々回の放送でお話しした、
猫の尿づまりの予防策について、補足があります。
カリカリフードの栄養成分として、マグネシウムがあるのですが、
この含有率が多いと尿づまりを起こしやすくなります。

目安は含有率が0.1以下のフードがオススメです。
0.08 とかだと更につまりを防ぐ効果大です。
特に去勢手術したオス猫は尿づまりを起こしやすいようです。
気をつけましょう。

ただ、尿づまり起こしやすいからと言って去勢手術をしないのは論外です。




f:id:onenyanheart:20131214110323j:image:w360:right

ワンハートプロジェクト 


野良ワンコゼロプロジェクト@志和 経過報告 


11月18日、東広島市志和堀の民家の軒下に、
野良のお母さん犬が生んでいた6匹の仔犬が市役所支所に,
家主さんによってうちでは飼えんから・・と、持ち込まれました。

目の開いていない生まれたばかりの子達。

制作委員会では、
野良ワンコゼロプロジェクト・ワンハートワンワンチームを緊急結成。
話し合いの結果、

元の場所にもどし、離乳まで、母犬に育ててもらい、
徐々に子犬を保護し里親を見つけ、同時進行で母犬の保護も達成したい!! 
という目標をたてました。


翌日民家家主さんご夫妻に事情をお話しし、
離乳まで軒下で母犬に育ててもらうのを、
見守って欲しいとお話しさせていただき快諾。

それから18日後、仔犬たちは寒さにも負けず、お母さんのおっぱいで、
4倍の大きさに成長し、丸々としていました。

家主さんは母犬にも朝晩ご飯を欠かさず与えてくださり、
子犬や母犬の様子を大変丁寧に観察してくださっていました。

子犬たちはその時点ですでに、ミルクをお皿から飲む事も、
ドッグフードをふやかしたものを食べる事もできたので、
その日のうちに全員保護いたしました。

また今後は、お母さん犬の保護にも、作戦をねっていきます。

           ストーブの前でスースー♪♪[f:id:onenyanheart:20131214110321j:image:w360


また、この2週間ちょっとの間に同時進行で、
里親さん募集の呼びかけが、市役所支所職員さんはじめ、行政の皆様により行われ、
幾人かの里親希望者の手が挙がりました。


先週の放送終了後早速一人目の里親希望者さんとお会いし、二日後には、
犬を飼うのは始めてという4人のご家族が仔犬たちを見に来てくださり、
犬と人との双方の幸せを願い、今後の事をお話しさせていただきました。


ココだけの話に限らず、犬でも猫でも、「男の子」を希望する人が多く、
その理由は?とお聴きすると、『(去勢)手術をしなくて良いから・・』と
応えられる方がやはり多いと感じます。


残念ながらこの国には、人間の都合により『殺処分』という現実が未だにまかり通っていて、
なんの罪もない犬や猫たちが次々と、殺したいと思ってもいない職員さん、
獣医さんたちの手によって処分され続けています。

番組でもその現状と不幸な現実を生まないノウハウや、
今家族の一員であるペットたちと終生、幸せに過ごせる工夫をお話しし続けて1年が経ちました。

野良と呼ばれている犬も猫も、もとはといえば、
人が飼っていた子たちや、その子孫です。


男の子を飼えば手術をしなくて良いから、と言われる方が大勢いらっしゃいますが、
それは違うとお話しします。

特に東広島市はのどかな田園風景が多く、去勢をしなければ、外に繫いでいたオスが、
野良のメスの繁殖を手伝い、生まれてきた仔犬は、
見つかれば処分されていっている現状も多くあること。


取材をしてみて、
去勢避妊によって繁殖意欲のストレス軽減や、生殖器系の病気にかかり難いという、
大きなメリットがあることを、まだまだ大勢の方がご存じないという現状を知りました。
ココ数ヶ月、動物愛護センターに運ばれる迷子犬はほぼ9割がオスで、
しかも100%去勢されていない子達です。


飼い主さんのもとへ帰れる子はほとんどいないまま、処分されます。

人が安易に繁殖を手伝い、人の迷惑になるからという理由で、
生まれてきた尊い命を、人が作った法のもとに消去していく現状


でも、
その事実を大きく変えていけるのも人なのですと、
伝え続けたいと思いますが、

多くの皆さんの出来るところでの協力が欠かせません。


例えば・・・、
ご家族の一員として大切にしているワンちゃんやネコちゃんは、
 どうぞ、特別な理由が無い限りは、オスメスに関わらず、避妊去勢をお願いします。


迷子になった場合を考え、身元はわかるように、
 迷子札を着けたりやマイクロチップの挿入をお願いいたします。


安易に餌だけを与える行為は避け、可愛がるのであれば、
 自分で飼ってあげられる方向に、野良ちゃんたちを導いてあげてください。
 猫であれば地域で繁殖を制限してあげる、『地域猫』という考えを、
 自治会などでも取り入れていってください。
 難しい事ですが、多くの暖かな成功事例があり、不可能な事ではありません♪

 
現在、仔犬は3匹、家族に迎えたいという方が決まっていますが、
まだ3匹、里親募集をさせていただいておりますので、ご連絡いただければ幸いです。

f:id:onenyanheart:20131214124415j:image:mediumf:id:onenyanheart:20131214124414j:image:mediumf:id:onenyanheart:20131214124413j:image:medium


★更に、12月25日、今年最後のワンハートニャンハートには、
 保護主さんがご出演される事となりました。
 この一ヶ月の奮闘、ご活躍、思いなど、どんなお話しが飛び出すでしょうか・・!?

 

ワンハートニャンハート♥ 年末までノンストップです!!!!