ワンハート♥ニャンハート

f:id:onenyanheart:20130526061756j:image:w360:right

5月最後の放送では、
沢山のHAPPY情報もアナウンス。
センターから、新しい家族に迎えられたワンニャン、
今から迎えられるワンニャンも、
家族と一緒に、幸せになれますように♥
このところ立て続けだったので、
県愛護センターでの、
迷い犬猫の情報がゼロだったのが、うれしかった♪♪

写真の子猫はMemeちゃん、女の子です。 4月に段ボールに入れられていた5匹の子達の
生き残った強い子です。 他の子の分も、きっと大きく元気に育ってくれたらって、、
毎日思いながら楽しく成長を見させてもらっています。 一昨日5月28日から、離乳食も
しっかり食べ始め、こんな風にまっすぐにこちらを見て、情緒も出てきました。 
それと同時に、一生懸命周囲を観察し、時には駆け回って遊びます。今日現在250グラム。
お腹はいつもポンポコポン♥ 




f:id:onenyanheart:20130228111640j:image:w360:left

では・・・



【犬猫のひんやり対策と、ニュージランドの過酷な夏】
と題して、以下の内容を発信してみました^^♪

27日に梅雨に入った広島ですが、
蒸し暑いこれからの参考アイテムをふたつご紹介です☆・・そして
問題提起も・


犬猫用のひんやりグッズ・代表的な二つをご紹介♪

●ジェルマット(最近は保冷材も合わせて、10時間ぐらいひんやりのものも)
犬猫の大きさに合わせて、価格も色々(1,000円~3,000円)
(体験)夏の長時間のドライブ時に、後部座席足元に敷いて使った・折りたためて便利。 

●アルミプレート ひんやり感ははんぱないアルミの板ですが、ピカピカ光るものが怖い子もいるので、要注意。サイズも色々です(1,500円~4,000円ぐらい)。

※両方とも室内での利用のみ、より効果を発揮します。屋外でしかも日なたなどに置いたとしたら、かえって、温まりすぎて、危険になる可能性も出てきます。


6月26日、ドイツでご活躍の獣医師、京子アルシャーさんが
番組のゲストとしてお越しくださる事となり、
ドイツの犬猫たちの現状について、お話しいただけると思うのですが、
ドイツと同じように、
ペット先進国と言われている南半球の国ニュージランド!!
夏は過ごしやすいが、
以外にも全てのペットたちにとって快適ではない
・・という記事を見つけました。
::::::::::::::::::::::::::::::::::

ニュージーランドにとっての夏はクリスマスの頃。
学校も6週間ほどお休みとなり、長期旅行なんかを家族で楽しむ時期。 
そんな中、クリスマスプレゼントに「子犬」をもらう・・
という出来事が実際にあちこちで起こってしまうそうなんです。 
欲しくない、飼えない、途中で飼いたくなくなる・・かも知れない相手に、
サプライズで生き物をプレゼント!!というのは、
映画の中だけの話にしてほしいところ。

結果、長期旅行に出るから、ペットホテルに預けることなく、
そのまま置いていったり、捨てたり、
また旅行先に連れて行って、そこで捨てたり、置き去りにしたり・・
などという、残酷な出来事が後を絶たないというのです。
【クリスマスに犬を贈らないで!】というキャンペーンすら展開されるほど。

動物たちの飼育環境には極めて厳しい規制がある(法律上)ニュージーランド、
大自然の中、広大なドッグパークなどもあり、
日本では一般的に「ペット先進国」のイメージのある国でも、
結局、飼い主のモラル、心のあり方が問われています。 

どんなに規制がかかっても、
人間のご都合の良さは、大変なエゴを生むものなんです。
共に生きる。ワンハートで、お互いに生涯を楽しめる。
たとえ狭い家の中でも、愛情ある彼らとの共生で、
命の先進国めざして、すがすがしい夏にしてゆきたいですね♪

現在、次のワンハートプロジェクト・スタジオ飛び出しちゃうぞ編を企画中~お楽しみに☆

f:id:onenyanheart:20130522141845j:image:small:right